薬剤師 大阪【パート・アルバイトOK】求人 Top > 増えるパート薬剤師

薬剤師のパート勤務

薬剤師資格保持者のおよそ7〜8割が女性であることから、結婚・出産・育児を経験する過程において、
必然的に薬剤師のパート勤務希望者は非常に多いです。
おもな就業先は、ドラッグストア、病院、調剤薬局等です。

言い方を変えれば、「多くの女性薬剤師はパートタイム勤務」だといっても過言ではないでしょう。
同時にこれは、女性の薬剤師資格保持者が現在、パートタイムで働ける場所が多いという事でもあります。

薬剤師資格保持者の就業事情傾向として、下記のおもな特徴があります。

● 他職種に比べ、薬剤師資格保持者は職に就きやすい反面、離職率も非常に高い。
表面的には、薬剤師資格保持者は就職に際して受け入れ企業が多い、いわゆる売り手市場のため、
転職・離職へのハードルが、一般の会社員ほど高くないという事がいえるでしょう。

しかしその転職・離職動機をみると、非常に身も蓋もない事情も伺えます。
スキルアップを目的とした転職が第一動機であるなら何らの問題はないのですが、
人間関係を動機とした転職・離職があることも事実です。

これは薬剤師職の小人数ローテーション型の、
典型的職場事情であるといってしまえばそれまでなのかもしれませんが、
薬剤師に限らず、せっかく好待遇条件の職場に就いていても、
職場の人間関係不良を動機とした転職・離職は不毛であり、
決して繰り返す事のないように、誰もが注意したい条件だと考えるでしょう。

給与、勤務時間、勤務体系ほか様々な待遇は、明文化可能な条件です。
しかしながら、肝心の人間関係は求人条件からは見えません。

また、既婚女性のパート勤務希望時間帯は、各自の育児状況にあわせて希望されるため、
午前中パート勤務希望者は多いことから、希望時間帯、人気企業、店舗によっては就業が難しいケースもあるでしょう。

現実問題として、パートタイム勤務はシビアな状況であることは間違いありません。 求人市場で薬剤師は求められている人材ですが、あくまで雇うかどうかは企業・経営者の判断です。

女性の多い職場環境、小人数制の職場、増えるパートタイム勤務希望者。
その中で、あなたが希望する就業条件をいかに獲得するか、
また獲得した条件を、不毛な動機によって度々手放すことがないようにするために、
求人登録サイトの利用や薬剤師の就業サポートとの相談などを行い、
しっかりと事前準備をしておきたいところですね。

Copyright c 2011-2013 薬剤師 求人 大阪 c All Rights Reserved